イマドキの社員教育、内容は?

社員研修は個人でなくグループ単位

忙しい時期だと面倒に感じてしまう社員教育ですが、会社の業績をあげるためには大切です。より効果的で会社の求める人材を育てるために、社員教育も年々変化しています。
以前一般的だった社員教育は、講義を受けるだけのものなど知識詰め込み型の物が中心でした。覚えることは大切ですが、孤独に作業をするため周囲とのコミュニケーションはありません。それに対し最近は、グループやチームを作ってコミュニケーションを取りながら学ぶスタイルが増えています。スマートホンやパソコンが普及したことから、オンラインを介してテストを行う教育もある程です。覚えるだけならパソコンやスマートホンを使えば良いので、仲間がいないとできない高い付加価値がある研修が増えています。

コミュニケーションが大切とされる社員研修

コミュニケーションを取り入れた研修にも様々な種類があります。中にはアスレチックや演劇を行う研修もある程です。
体を動かしながらグループで問題に取り組むことによって、上司や部下と協力をしてコミュニケーションが学べます。声を掛け合うことで、いつもとは違う発想を展開するなどの効果も得られるのです。
グループ単位で擬似的な問題に取り組む研修もあります。グループは普段仕事をしているメンバーではなく、研修のために組んだグループです。初めて仕事をする同僚や上司でも、協力して議論することが求められます。
しっかりとしたコミュニケーションを取ることができるようになれば、異なる部署同士で協力ができますし部署が変わっても安心です。