しっかりとした社員教育で業績UP!

社員教育の現状について

社員教育は、新入社員をはじめ中堅社員に対して等、ビジネスマナーや専門知識の習得などいろいろな要素があります。現状は大きく2つの方法あり、企業の考え方や規模に応じて対応が異なります。はじめは、社員が講師となって対応するパターンです。メリットは、社内のリソースが潤滑にできる点もありますが、ノウハウがしっかりしていないと伝えることができず効率的な教育になりません。
主に多く採用されているカリキュラムとして、技術的専門知識や商品知識の伝授です。つぎに、人材育成センターのような社外に委託するケースです。ノウハウがしっかりしていますし、専門家から学べますし、社内工数を外部委託できる点があります。主なカリキュラムは、マナーやプレゼン能力などです。

社員教育の具体的な内容

社員教育はいろいろな内容があり、手段も様々です。
能力としては、ビジネスマナーやプレゼンテーションやコミュニケーション能力などです。座学とロールプレイを通して教育していきます。パワーポイントやテキストを使った講座が一般的です。オフサイトとして、異業種交流会も含めて他者と協業で、出張してやるパターンもあります。
専門知識としては、法規制や商品知識や技術などがあります。グループワークで議論したり、座学を通して習得します。テストという形で資格認定するケースがあります。こちらのケースは社員が講師となるケースがあります。
会社としては、仕事と社員教育が両立できる環境を社員に提供することがとても重要な要素です。