社員教育への取り組み方

企業文化が変わってきたこと

最近の企業における社員教育に対する投資は少なくなっています。昔は企業自体が日本の高度成長期を支えた終身雇用制度を多くが取り入れていたために、社員を育てることが企業の業績に繋がることが多く、積極的におこなっていたのです。新人研修は勿論のこと、フォローアップ研修であったり、管理職研修であったり役員研修をおこなっていた企業も多くあったのです。
ところがバブルがはじけた後から、欧米の企業文化が日本にも入り込んできたのです。それが実力主義という考え方なのです。つまり実力のある社員が企業に集結することで企業が強くなると考えられて、生え抜きを育てるよりも中途採用を加速させて、即戦力を手に入れることが企業にとっては重要と考えられるようになったのです。

社員研修のあり方も変わってきたこと

企業の多くがそのような傾向になったために社員研修といった社員を育てるために経費を使用する企業が少なくなり、逆に企業の立場としては、自己啓発を積極的に社員に勧めるようになっています。社員教育の経費を削減して、その成長を社員の自己に対する投資の具合に求めるようになったのです。
そのため能力のある社員を中途採用として企業に取り入れることで企業成長を加速させるようになったのです。中途採用というスタイルも今では一般的になっていますが、その昔はありえないこととして企業には考えられていて入社した社員は退職まで働き続けることが普通と考えられていたのです。それが欧米企業文化の到来で社員研修のあり方も今では変わりつつあります。

新人研修とは会社に新しく入った人を対象に行う講習会の事です。社会人としてのマナー、あいさつ等勉強します。